シミを消す方法|シミを消したい人に必要な成分と生活習慣

シミの原因 なぜ顔中にシミができるかをわかりやすく解説

肌にシミができると一気に老け込んだ印象を与えてしまいます。シミ、くすみのない透明感あふれる肌に憧れる人は多いでしょう。ではシミができないようにするためにはいったいどうすればよいのでしょうか?まずは自分のシミの原因を把握するところから始めましょう。今回はなぜ顔中にシミができるか、シミの原因を分かりやすく解説していきます。

 

【紫外線を浴びたことによってできたシミ】

シミの原因は様々ですが、その中でも多いのが紫外線を浴びたことによってメラニン色素が過剰に生成され、肌にメラニン色素がそのまま沈着してシミができるケースが非常に多いです。多くのシミは紫外線が原因であり、老人性色素班とも呼ばれています。紫外線によるシミは、紫外線を浴びないように予防することでシミができにくくなります。

 

【女性ホルモンの乱れやストレス、睡眠不足などでできるシミ】

左右対称で両ほほにできるシミは肝班とも呼ばれます。両ほほだけでなく、下あご、額、鼻の下など顔のいたるところにできるシミであり、薄い褐色でもやっと大きく広がる形が特徴的です。このシミは女性ホルモンの乱れ、不規則な生活、ストレス、睡眠不足などが原因で起こるといわれており、女性によく出現します。女性ホルモンバランスを整え、ストレスのない規則正しい生活を送ることで、シミはできにくくなります。

 

【ニキビややけど、アトピーなどの炎症によってできるシミ】

ニキビややけどやかぶれ、アトピーなど皮膚炎症を起こした後にできるシミは炎症後色素沈着と呼ばれています。このシミは炎症後に生じる褐色のシミになります。加齢によって増えるシミではなく、年齢、性別、部位などに関係なくできるのが特徴です。この炎症後色素沈着によるシミは時間の経過とともに徐々に薄くなっていくのが特徴です。
シミ1
このほか遺伝性のシミなどもあり、シミの原因をきちんと把握しておくことでどのようなシミ対策をすればよいかが変わってきます。シミ治療は一気になくすことはできず、徐々に薄くなっていくものです。そのため根気よくシミ対策を行うべきですし、今あるシミを悪化させないためにシミができにくい肌作りをしていく必要があるでしょう。

 

シミを消すためにおすすめのオールインワンジェルを紹介(ホワイトニングリフトケアジェル)

一度できてしまったシミはきちんとケアをしなければシミが消えてなくなることはありません。シミができてしまうと老けて見えますし、素肌美人にはなれませんね。今回はシミを消すためにおすすめのアイテムとしてーオールインワンジェルをご紹介しましょう。

 

【オールインワンジェルがおすすめな理由は?】

シミを薄くするためには毎日欠かさず美白ケアを行う必要があります。美白ケアは即効性が期待できるものよりも、長期的に使用することで徐々に色素が薄くなっていくというものがほとんどです。そのため美白ケアは毎日行うことが重要なのです。そこでおすすめなのがオールインワンジェルです。オールインワンジェルであれば、化粧水、乳液、美容液がこれ1本にまとめられているので、お手入れ時間の短縮にもつながります。毎日きちんとケアをしなければならないのでできるだけ手軽に使用できるものを選びたいですね。そんな方にはオールインワンジェルがおすすめであり、美白成分が配合されている商品も数多く登場していますよ。
シミ5

【ホワイトニングリフトケアジェルとは?】

数あるオールインワンジェルの中でも美白ケア、シミケアに有効なのがホワイトニングリフトケアジェルです。ホワイトニングリフトケアジェルには厚生労働省が認定しているプラセンタ、カモミラ、甘草エキスなどの美白成分と紫外線防御効果に優れたシコンエキスも配合された化粧水です。ホワイトニングリフトケアジェルの最大の特徴は業界初の1つで10役もの作用が期待できるという点です。化粧水、乳液、美容液かわりだけでなく、保湿、マッサージ、クリーム、パック、化粧下地、美白、アイクリームなど1つで10個もの効果を得られる魅力的なオールインワンジェルなのです。

 

【ホワイトニングリフトケアジェルの特徴】

ホワイトニングリフトケアジェルには高濃度のプラセンタエキスが配合されており、メラニン色素生成を抑制し、シミ予防につながります。さらに保湿成分であるコラーゲン、シコンエキスがたっぷりと配合されているので、乾燥による肌トラブルを改善できます。肌にうるおいがよみがえり、ハリのある透明肌になると肌細胞のターンオーバーサイクルも早まり、シミがすぐになくなります。また2層のジェルで粘弾性をアップしているのでマッサージに適したジェルと言えます。知っておこう!シミを消すために必要な成分と効果紹介

 

 

 

2016/06/15 10:15:15 |

シミにはいくつかの種類があります。ここではシミの種類についてそれぞれ詳しく説明していきましょう。

 

【老人性色素班】
老人性色素班は皮膚の加齢によって起こるシミであり、紫外線が原因と言われています。紫外線にさらされた皮膚は老化しやすくなり、メラニン細胞が活性化されメラニン色素が大量に生成されます。大量に生成されたメラニン色素は肌で色素沈着し、シミとなって肌に現れるのです。数ミリ程度の小さいシミから、直径数センチの大きいシミもあります。30代頃からシミはできやすくなります。老人性色素班の治療法として最も効果があるのがレーザー治療です。

 

【雀卵班(そばかす)】
そばかすもシミの一種になります。色白の肌の人に多く出現するシミであり、両側の頬、鼻に小さな斑点がたくさんできるのが特徴的です。遺伝的な要因と紫外線が影響しています。紫外線により肌のターンオーバーサイクルが乱れるとメラニン色素がちんちゃくしやすくなります。そばかすは老人性色素班とは違い、子供のころにたくさんでき始め、思春期に最も濃くなり、その後徐々に薄くなっていきます。ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白成分が有効です。

 

【肝班】
肝班は左右対称にできるシミであり、頬、額、鼻の下、顎など顔のいたるところにできます。一番できやすいのは両頬であり、べったりとした褐色のシミが特徴で、目の周りだけはできません。高齢になると自然と薄くなり、妊娠やピルの服用によって肝班ができる場合もあります。肝班は女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンの分泌が関与しているといわれており、女性ホルモンバランスが崩れると出やすいため、ホルモンバランスを整えてあげることが重要です。肝班は他のシミとは異なり、レーザー治療では消すことができません。美白成分の摂取や美白成分配合の化粧品を使用することで、徐々にシミを薄くすることが可能です。

 

このようにシミの種類によって治療法も異なってきますし、予防対策法も違います。自分のシミはどの種類なのかをしっかりと把握していくことから、シミ対策は始まります。

2016/06/14 17:54:14 |

シミ4
顔にシミができると一気に老け込んでしまいますね。顔のシミを消すのは非常に大変であり、アンチエイジング、美白効果に優れた化粧品などを使用したり、シミを除去するレーザー治療を行ったり、食事で改善したりと様々な方法があります。ここではシミの原因とシミを消すオールインワンジェルについて紹介していきましょう。

 

【シミができる原因って何?なぜシミはできるの?】

年齢を重ねると顔のシミはどんどん増えていきます。シミができる原因はたくさんありますが、その中でも特に多いのが紫外線によるものです。紫外線によって肌が焼けることによって増えてしまうのです。シミができやすい部位は、日焼けの蓄積が起こりやすい、額や目の周り、頬などが多いです。シミは表皮にあるメラノサイトと呼ばれる色素形成細胞によって作られるメラニン色素が、紫外線によって肌が日焼けすると増加し、皮膚の中にそのままメラニン色素が沈着してできます。怖い!!絶対にやってはいけない生活習慣!シミができる原因はそこにある!

 

【紫外線以外にもシミができる原因はある?】

一般的にシミができるのは紫外線のせいと考える人が多いです。しかしすべてのシミが、紫外線が原因でできたわけではないのです。シミはストレスや睡眠不足、ニキビやアトピーなどの炎症、加齢、女性ホルモン分泌の異常などによっても起こるのです。肌の老化によってできるシミは、肌が加齢とともに乾燥してしまい、そこにストレスやホルモン異常、睡眠不足などの要因が関与してきます。またニキビやかぶれ、アトピーなどの炎症が起きると、活性酸素によって色素細胞が刺激され、メラニンが大量に生成されます。そのメラニン色素が体外へ排出されずに沈着してしまうとシミとして残ってしまうこともあります。

 

【オールインワンジェルはシミに有効なの?】

シミを薄くしたい、シミをなくしたいという場合には、美白効果、シミケアできる化粧品を使用するのがよいでしょう。その中でもおうすめはオールインワンジェルです。オールインワンジェルは美白成分が配合された化粧水、乳液、美容液が1本にまとまったものです。1本で3つの役割をはたしてくれるので非常に使用しやすいです。

 

2016/06/14 17:53:14 |

シミのケアは、シミができないように予防する方法、できてしまったシミを消す方法、肌の基盤となるターンオーバーサイクルを整える方法があります。ここではできてしまったシミを消すのに効果的な美白成分とその効果について説明していきましょう。

 

【シミに効果のある成分の作用】

シミを消すのに効果的な美白成分には、シミの原因であるメラニン色素の生成を抑制する作用がある成分と、生成されたメラニン色素を還元する作用を持つ成分があります。またメラニンの生成を抑制する成分はさらにチロシンをメラニンに変化させるチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを阻害する成分と、メラニンを生成するメラノサイトの働きを抑える成分の2つに分けることができます。これらはメラニン色素の生成を阻害するのでシミをできにくくする予防的な効果があります。
一方生成されたメラニンを還元する作用のある成分はできてしまったシミを薄くすることができます。シミを消すためには、メラニン還元作用のある成分を積極的に使用するべきでしょう。手軽に出来る!シミを消す方法 シミの原因とシミを消すオールインワンジェルとは

 

【予防的美白成分】

まずはシミ予防に効果のある美白成分をご紹介します。チロシナーゼ活性を抑制することでメラニン生成を抑制する効果のある成分にはビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、リノール酸などがあります。特に有名なのはビタミンC誘導体とアルブチンでしょう。ビタミンC誘導体は普通のビタミンCよりも吸収されやすく体内でビタミンCに変化します。
もう1つが、メラノサイトの活動を抑制することでメラニン生成を抑制する成分です。この成分にはトラネキサム酸などがあります。トラネキサム酸はシミ予防だけでなく、ニキビ跡など色素が沈着するのを防ぐことができます。
シミ3

【シミを消す美白成分】

次にご紹介するのができてしまったシミを薄くすることができる美白成分です。この成分はメラニン色素を還元させる作用があり、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどが有名です。ビタミンC誘導体はメラニン生成の抑制効果と還元作用どちらの働きもあるため、美白成分としては欠かせません。またハイドロキノンはチロシナーゼ活性抑制、メラノサイトの活動抑制によって、メラニン色素の生成を阻害します。

 

2016/06/14 17:52:14 |

シミは予防対策をしっかり行えばできにくいものです。つまりシミができてしまう人は、きちんとしたシミ対策ができていないということ。さらにシミができやすい生活習慣を送っている可能性があるのです。ではどのような生活習慣がシミを作りやすくしているのでしょうか?ここではシミができてしまうよくない生活習慣と改善方法について考えてみましょう。
シミ2

【紫外線対策をきちんと行っていない】

シミの一番の原因は紫外線です。つまりUVケア(紫外線対策)を怠っている人はシミができやすくなります。シミを作らないためには、UVケアはしっかりと行うべきなのです。特に日焼け止めは必須アイテムであり、夏だけでなく1年中塗るのがおすすめです。紫外線=夏というイメージが強いかもしれませんが、春なども非常に紫外線が強い季節です。さらに晴れた日以外にも雲りの日でも紫外線は降り注いでいますので、きちんとUVケアをしなければなりません。また室内にいてもガラスを通過して紫外線は皮膚に直撃しますので、しっかりとUVケアをするようにしましょう。試してみて!!シミを消すためにおすすめのオールインワンジェルを紹介(ホワイトニングリフトケアジェル)

 

【過度のダイエット、ファーストフードなど偏った食生活はシミをできやすくする】

過度なダイエットをしている場合、美肌を維持するために必要な栄養素が不足してしまいます。さらにファーストフードやインスタント食品などジャンクフードばかり食べていると体内では活性酸素が発生しやすくなりシミができやすくなります。シミをない透明感のある肌にするためにはビタミンCなどのビタミンが必要になります。食生活が原因でシミができるケースも多いので、バランスの取れた野菜中心の和食生活を心がけることでシミを予防できるでしょう。

 

【ストレスや睡眠不足でシミはできる】

ストレスが原因で、夜眠れない・・夜更かしをしてしまう、疲れがたまっているという人は多いでしょう。シミはストレスや睡眠不足によってもできやすくなります。さらに女性ホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れると肌はボロボロになり、肌のターンオーバーサイクルも悪くなるためシミができやすいです。ストレスを軽減させて肌のターンオーバーサイクルを早め新陳代謝を高めればシミができにくい肌へと導くことができるでしょう。